新規会員申込
IFRS検定(国際会計基準検定)試験
アビタスはIFRSコンソーシアムを応援しています!

IFRSコンソーシアムとは

IFRSコンソーシアム設立の背景とその目的

2009年6月、金融庁の企業会計審議会が公表した「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)」によれば、国際会計基準(IFRS)の「任意適用」は2010年3月期から、また全上場企業への「強制適用」については将来の判断に幅を持たせています。

IFRSの導入は、売上高や利益など企業の会計数値に影響を及ぼすにとどまらず、各企業に対し連結グループ内の帳簿組織や、財務報告プロセス、ITシステム、更には業務フロー、内部統制の見直しを迫るものです。一足先にIFRSを採用した欧州企業では、導入時に大きな混乱が生じたといわれていますが、こうした教訓をもとに、各企業の実務担当者に集まっていた だき、IFRS導入が会計実務や企業経営に与える影響を議論し、その成果をナレッジとして共有し、IFRSへの円滑な移行を支援する場として、IFRSコンソーシアムを立上げました。

コンソーシアム目的達成までのフローチャート

IFRSコンソーシアムとは

IFRSコンソーシアムは、上部組織である委員会と、下部組織である会員組織から構成されます。委員会メンバーは、IFRS適用を緊喫の課題として捉えている企業から構成され、委員会では実務上に大きなインパクトをもたらすであろう課題を10項目選択し、様々な角度から議論を重ねています。

また、監査法人、コンサルティング会社、システム会社の方を主任研究員、アドバイザーとして置き、それぞれの専門家からのコメントを出して貰い、バランスのとれた議論ができる体制にしています。会員組織のメンバーは、専用のWEBサイトを通じ、主任研究員、アドバイザー、会員間での意見交換をすることができます。また、隔月に実施するIFRS関連の講演会やパネルディスカッションに参加することができます。

組織図

委員会

財務会計、経営指標業績管理(ビジネス)、プロセス・ 内部統制、システムといった分野においてIFRSが与える影響について議論しその認識を共有する。

主任研究員

委員会で議論された内容をもとに、調査研究及び分析を行い、会員組織へ情報発信する。

アドバイザー

各分野における専門家としての立場から委員会にアドバイスを行い、会員組織へ情報発信する。

会員組織

インターネットを通じ実務上の問題点を掲示板(ディスカッションエリア)にて意見交換を行なう(法人会員限定)。

事務局

全体企画運営から会員管理を行う。

IFRSコンソーシアムの活動内容(サービス)

IFRSコンソーシアムでは、日本を代表する企業の経理・財務部に在籍されている第一線の方々が集い、委員会の場で実務教育に必要なIFRSの具体的事例を議論し知識の共有を図ってまいります。また、会員の方にはWEBフォーラムを通じて様々な意見交換を可能にしています。こうした活動により、一企業の枠を超え、日本企業全体の経理・財務部門のより一層の国際競争力強化を図って参ります。

委員会メンバー紹介はこちら

1.IFRSコンソーシアム委員会による定例会(ディスカッション・ミーティング)

毎月定例で開催されている委員会でディスカッションテーマに沿い議論を進めてまいります。委員会に直接ご参加されたい場合は、全体の参加社数、業種、役職などを限定しておりますので、ご相談下さい。尚、1社あたり2名までご参加でき、参加費は全10回(3時間/回)で50万円です。

2.IFRSコンソーシアムサイトを通じての情報共有(掲示板の利用)

法人会員限定で、実務上の問題点などを自由に質問・回答できる掲示板をご提供致します。優れた回答者にはベストアンサーを質問者が設定し、随時公開していきます。また個人会員の方は質問・回答は出来ませんが、閲覧は可能です。

3.アドバイザー及び主任研究員による情報提供

主任研究員やアドバイザーより、IFRS最新動向や実務上役立つ記事などを無料でご提供いたします。

4.IFRS関連のセミナー、パネルディスカッションなどの実施

セミナーではIFRSを巡る動向や適用までの課題など、監査法人やコンサルティングファームの専門家が解説致します。

パネルディスカッションでは、企業の取組事例をもとに事業会社の実務家が中心となって議論していきます。

5.教育プログラムの活用

IFRS Certificate講座をはじめ各種教育プログラムが割引価格でご利用頂けます(一般価格の10%OFF程度でご提供)。

6.IFRS導入コンサルティング

IFRS導入コンサルティングに関するご相談・お見積もりなどを受付け、提携団体をご紹介いたします。

7.人材紹介

IFRSプロジェクト推進にあたって、プロジェクト管理ができる人材や経理・財務の人材などご紹介いたします。尚、ご紹介手数料は個別にご相談下さい。

8.IFRS検定試験の実施

ICAEW*のIFRS Certificate日本語試験(IFRS検定)に関し、British Councilと共に受託運営しております。

※ICAEW(The Institute of Chartered Accountants in English and Wales):イングランド・ウェールズ勅許会計士協会

会員制度について

IFRSコンソーシアムの利用者は会員限定とし、クオリティレベルを維持して運用いたします。

  • 会員:法人会員と個人会員の2種類です。入会には事務局の審査がございます。
    ※個人会員は、アビタス受講生に限定しておりますのでご注意下さい。
  • 年会費:法人会員 ¥108,000、個人会員 ¥12,960。尚、期間は7月から翌年6月末までまでとなります。
新規会員申込はこちら